RIZIN FF

【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦

【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦
SHARE
facebook シェア
はてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

ルール

RIZIN MMA トーナメントルール:5分3R/インターバル60秒 61.0kg

試合結果

(Win)大塚 隆史 vs カリッド・タハ(Lose)
3R 2分23秒 フロントネックロック 

試合内容

【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦
【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦
【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦

「まずは大塚が準決勝進出! 無敗のタハに一本勝ち!!」

バンタム級トーナメント2回戦(準々決勝)。1R、リング中央を支配するタハが右ローで先制。大塚は片足タックルにトライするが失敗。タハの右のオーバーハンド、左ストレートがヒット。大塚はローシングルを決めてテイクダウン、顔面にパウンドを打ち込んでいくが、タハは立ち上がりに成功する。左ボディ、左フックで大塚をグラつかせるタハ。

2R、左ストレートからバックスピンキックを繰り出すタハに大塚は両足タックルにいくが、これはタハががぶりで阻止。さらに大塚の払い腰に対し、タハは自らが上になるようにグラウンドへと移行する。サイドを取ったタハは大塚の顔面に強烈なパウンド。コーナーを背に立ち上がった大塚だが、タハはバックを取りながらグラウンドに。そして立ち上がろうとする大塚にフロントチョークを取りに行くが、大塚はこれを振りほどいてまたもテイクダウン。

3R、大塚が右ローを打ってから、片足タックルでタハをテイクダウン。下からの蹴り上げで立ち上がるタハに大塚はスタンドでネックロック一閃! これが完全に極まりタハはタップ。大塚がバンタム級トーナメント準決勝に駒を進めた。

大塚は「最高です!(タハは)無敗だけあって力が強いし、変な生き物と戦っているみたいでした。人間じゃない。でも僕の強みは折れない心なので、どんなに負けていても最後まで折れない心、日本人の心を見せてやろうと思いました。ここから突っ走ります。決勝、日本人対決ができたらと思います。大晦日もよろしくお願いします」とマイクアピール。

【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦
【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦
【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦

試合後インタビュー:カリッド・タハ

【試合結果】大塚 隆史 vs カリッド・タハ バンタム級トーナメント2回戦

「早めにフィニッシュをしなくてはという気持ちがあって」

——試合を振り返って、いまの率直な気持ちを教えてください。

タハ まず自分の試合を見直してみたんですけど、起きてしまったことは起きてしまったことでしょうがないですが、試合を支配していたのは間違いないですし、全体もよく見えていました。非常に良い気分で試合を進めていたし、トレーニングでやってきたこと全部できたんですが、一箇所のミスを突かれてしまい、そこはどうしようもないと思っています。

——一箇所のミスというのは?

タハ ちょっと不注意な瞬間があって、そこが原因でとられてしまいました。

——試合終わって間もなくですが、今後の目標などはありますか?

タハ 来年5月のイベントに呼んでいただけることになりました。それまでにもっと強くなってくるし、今回のようなミスをしないように自分をブラッシュアップしてきます。

——1ラウンド2ラウンド非常に良い流れでしたが、どういう風に試合を持って行こうとしていましたか?

タハ 1ラウンドも2ラウンドも、膝も拳も非常によく使えていて、相手はレスリングに持ち込もうという方針しか見えなかったので、それに合わせて3ラウンド目のときに、極めていく気持ちで臨んだんですが、そこで極められる瞬間を逃してしまったといえると思います。

——どういうゲームプランでしたか?

タハ そもそもゲームプランはいつも立てません。トレーニングを全力で積んで、感じるままに試合展開に任せながら自分のやりたいことをやる。今日もグラウンドに持ち込まれたけど、そのときも不安は感じなかったし、いい感覚のままやっていました。ポイントだとしたらテイクダウンは20パーセントしか占めませんし、相手にダメージを与えたという要素が強いので、有利な感情で進めていたのですが、早めにフィニッシュをしなくてはという気持ちがあって、偶然に任せて相手に負けるようなことがあってはならないと思っていたのですが、それをやられてしまいました。

——前回と今回、世界のトップクラスと闘ったわけですが、いかがでしたか?

タハ 非常に学ぶことも多かったですが、レベルが高すぎるということはありませんでした。この前もKOで勝てたし、今回も私の方が良かったことは相手も認めてくれると思うのですが、ただミスをしてしまい、そのミスを処罰される形で負けてしまった。必ず戻ってきます。

——今回、他の試合も見ていたと思いますが、気になった選手はいましたか?

タハ モニターを通して見ていましたが、イアン・マッコールは非常に良い闘いをしているのはわかりました。残念ながら負けてしまいましたが、彼はすごいと思いました。日本のスーパースター堀口恭司さんも素晴らしいパフォーマンスでした。もちろん負けた自分の立場から指名はできないですが、できれば堀口恭司と闘ってみたいです。

——先ほどのミスについてですが、フィニッシュの段階で首を抱えていましたが、自分でスイッチをしたことが原因でしょうか?

タハ 早く立ち上がろうとしすぎたことです。膝に気をつけていたんだけど、その他への注意が逸れてしまって、そこを突かれたんだと思います。

——勝ち上がった選手では誰が印象的でしたか?

タハ ファイナルが堀口選手と石渡選手になって、堀口選手が勝つと思います。

——ヨーロッパの皆さんにメッセージをお願いします。

タハ まずは、勝利をヨーロッパの皆さんに届けることができなくてごめんなさいということです。より強くなって、ヨーロッパ、ドイツの代表として戻ってきますので、応援よろしくお願いします。

——初めての敗北ですが、いまの気分は?

タハ 良いときもあれば悪いときもあるので、いまは気分的には問題ないですが、この先何があるかが大事なので、神に感謝しています。

——負けはしたものの、非常に素晴らしいパフォーマンスでした。今後RIZINを納得させるような状況は作れるでしょうか?

タハ 良い試合もあるし、悪い試合もあるけど、しっかり納得させるような試合をしないといけないと思っています。RIZINと話をして、今後のことも視野に入れています。

——今回の敗北を受けて、サブミッションなどグラップリングの強化を考えていますか?

タハ そういった点が私にとって問題になったとは思いません。柔術もしっかり対応できたと思うし、打撃の選手がそういった選手に勝つこともできると思います。1ラウンドは大塚選手より私のほうが勝っていたと思います。私は打撃もレスリングもトレーニングはしていたので、今後いままでのやり方を変えるつもりはありません。

試合後インタビュー:大塚 隆史

大塚 隆史選手の試合後インタビューは実施されませんでした。

チケットのお買い求めはコチラから
http://jp.rizinff.com/_ct/17095632

このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARE
facebook シェア
はてなブックマーク

TWEET #RIZIN2017

FACEBOOK by RIZIN Fighting Federation

TOP